本製品の特長について

高濃度水素分子生成器
高純度水素分子生成器 HF-300

①持ち運びが簡単

本製品は、小型(約30㎝立方体)であり家の中でも自由に持ち運び移動できる利便性の良い製品です。

②水素生成量が多い

小型なのに、水素の生成量が多いのが特長です。本製品の場合、1分間に300mlの水素を生成します。最適な水素濃度が確認されています。

本製品が、従来の電気分解の方式と根本的に異なり、ポリマー・エレクトライト・メンブレム(PEM)を改良し、水の電気分解方式を使用していることによって、高い水素水濃度が実現できました。

③省電力設計

この優れた電解膜は、低い電圧で電気分解できるので、電気の消費量が少なく、効率的です。

④連続使用が可能

一般的な他社製品は短時間(1時間程度)しか連続使用できませんが、この生成器は長時間(6時間)連続使用できます。

⑤安全性

電極が高温にならないということは、連続使用ができる利点に併せて安全であることを意味します。

⑥メンテナンスが簡単

この製品には、上記のような特長をもつ電極膜が使用されており、これが製品の最も重要な部分です。さらにこの電極膜の耐用期間が長いということが一番優れた技術の成果です。それによりメンテナンスの対応が容易になり費用も安くなります。

使用する精製水の消費量も少なく、1ヵ月に1回程度の補充で済む(利用時間にもより)など従来の製品とは違います。

精製水の補充が必要になった時には、液晶画面にて「補充してください」と案内が出ます。

この製品は、上記のいろいろな特長があり、誰でも簡単にまた安全に取り扱うことができる点で優れた製品といえます

製品仕様

型番HF-300
供給量300ml/min
使用電源AC100V~ 50/60Hz
使用温度範囲5~43℃
本体寸法313(H)×280(W)×296(D)mm
本体重量約6kg
電解槽PEM純粋電解槽
給水水質精製水または蒸留水
消費電力約160W
設置場所室内
本体保護機能自動温度コントロールファン
価格880,000円(税込み)

使用方法と手順について

手順

  1. 本体上部の精製水タンク口より、精製水を700ml~800mlをめやすに入れてください。(500mlの精製水で、1本半)
  2. 電源プラグをコンセントに差し込んで下さい。
  3. 本体前の水ボトルカップに低水位線まで水を入れて下さい。カップの蓋は強く閉めて、本体に差し込む際は斜めにならないようにしっかりと差し込んで下さい。
  4. カニューレを水ボトルカップに差し込み、装着して下さい。
  5. 本体のパネルの電源を長押して「オン」にしてください。
  6. 「モード」を選択して下さい。
  7. 「時間」を設定して下さい。
  8. 「起動スイッチ」を押してスタートしてください。
使用上の特別な注意点

●精製水タンクに100mlの精製水を入れて納品されますのでご注意ください。なお、この精製水は最初に排水した後に、新しい精製水を入れてご使用ください。

●はじめて使用される場合、またはしばらく使用しなかった場合は、「E2」のエラー表示が出る場合があります。その場合は、(精製水が入っていない、または不足を確認し)精製水を入れた状態で、10分から30分ほどそのまま放置した後にご使用ください。

●精製が不足の場合「補給下さい」と「赤ランプ」で表示されます。赤ランプが消えるまで精製水を補給して下さい。

●精製水の水質異常で、精「製水を入れ替えて下さい」の「赤ランプ」が表示された場合、本体後方下部の精製水排水口より、精製水を排出して下さい。排出後、栓をしっかり閉めて、上部精製水タンク口より、700ml~800mlの精製水を入れて下さい。その際、本体後部の電源スイッチを一度「OFF」にして、再度「ON」にしリセットすることで、ランプの表示が消えます。

エラー表示がでたら、取扱説明書のP12「故障かなと思ったら」をご参照下さい。

取扱説明書