「 ナノバブル水素シリーズ商品 」 「 核心部品提供 」技術の大きな革新と水の時代が到来しています

大革新、ナノバブル技術を水素水の発生に融合します

ナノバブルの不思議な特徴

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Fh32vRI5ti6xcXaJoFERcyagx1jD.jpg

マジックなナノバブル

「ナノバブル」とは1ナノメートル=1/100万ミリの非常に小さな気泡です。肉眼で見ることはできませんが、とても不思議な力を秘めています。ただし、このような小さな泡は物理的に不安定なため、普通は短時間で消滅してしまうのですが、新技術により長期安定化させることに世界で初めて成功しました。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FsXyFGhfsEscX1sTNd8KO3MzoWRg.jpg

電解による通常水素水の溶存水素濃度をはるかに超える

当社技術では、10~300ナノメートルの微細気泡を右の実物大の1ミリリットル(1立方センチメートル)なかに、1.5億個以上発生させる事が可能です


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FtC2C2wnleB1kWc8W84Xh1H-hAmf.jpg

水素はより長時間で保存できる

通常の気泡(直径1mmの気泡)の場合、図左のように液中ではすぐに浮上して水面で破裂してしまいます。しかしナノバブルの場合、図右のように液中でブラウン運動(微細振動)をしながら、浮力の影響を受けずに液中に長時間にわたり滞在することが確認されています。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FixzwmhExOUJWqu_YsUWFXg6Hq0p.jpg

技術原理

簡単に言えば、円筒内部の外周接線方向に気体と液体の混合体を、ポンプを用いて高速旋回流を発生させます。その高速旋回時に摩擦を生じさせ、ナノバブルにまで微細化することを可能としています。


想像を超えた高濃度水素水

ナノバブル1個あたりに300万個の水素分子が含まれていると計算したら、nanokoのナノバブル水素水1杯あたりに水素分子1.368e17個も含まれています。 絶好の還元性!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Frd--TCUMnTcpIt1piFshwOMtp6q.png

なぜナノバブル水素水はもっと良い?

完璧なナノバブルの分布は優れる性能を決める

我々は世界での最先端のナノガス泡直径分析設備でnanokoの水素水生成器を検査して、下記結果がありました。水の中で極大量のナノミリメーターレベルの超微型ガス泡があり、これらのガス泡はカプセルのように水素分子をぎゅっと包んで、より高い水素濃度及び長い溶存時間を実現しました。

ナノバブル水素水は普通の水素水より更に有効

「ナノバブル水素水の最も著しい特徴」 悪玉活性酸素を抵抗できるもっと強い能力を持っている。 

広島大学研究者の論文では、最先端のラジカル検測技術―ESR(電子スピン共鳴)を使って、低濃度のナノバブル水素水(濃度0.7ppm、54%のガス泡サイズは717nmより小さい)を試験した際、悪玉活性酸素を抵抗する能力は非常に高い結果であった。そのことにより、ナノバブル水素水は更にもっと高い抗酸化効果を持っていると証明した。

超高濃度水素水生成器NS-20

水素分子溶存濃度は2.5ppm(±0.2ppm)物理的なナノバブル水素分子気液混合技術採用PEM量子交換膜電解槽内蔵即時生成、待つ時間ない優雅、シンプルなデザイン

物理な水素気液混合技術を使われている水素水生成器をお勧め

Q: 物理的な水素気液混合技術は何でしょうか?

A: 物理的な水素気液混合技術を了解する前に、伝統的な水素水の生成方式を知る必要がある。
  • 伝統的な方法:電解法を使って、水の中でプラス、マイナスの電極を設置し、水を水素と酸素に分解して、水素水を生成した。
  • 物理的な水素気液混合技術:水素生成と気液混合を二つのプロセスに分けて、水素生成パートは高純度水素ガスだけを生成し、気液混合パートは物理のやり方で、水素ガスを液体に溶けて、高濃度を水素水を生成する。

Q: 物理的な水素気液混合法は電解法より何か優勢があるのか?

A : 物理的な水素気液混合法の最大の優勢は高濃度ガス生成、及び極大の生物安全性。

1.電解法の最大のデメリットとは:

  • 常温常圧下の濃度は1.58ppm以上の超飽和はできない
  • イオンの多い水を電解するとオゾン、クロロホルム等有害物質も出る
  • 電解膜表面のプラチナ 等の重金属メタル層は脱落可能性がある

2.物理的な水素気液混合法を使うことにより、水素生成、気液混合の二つのプロセスを完全に分けて、電解法のすべてのデメリットを完璧的に解決した。

3.物理的な水素気液混合法の最大の優勢は極大の生物安全性である。